Z4 管理者向け 利用規約

Z4 利用規約(施設管理者向け)

 本規約は、グレートインフォメーション株式会社(以下、「当社」という)が管理・運営を行う、「Z4」(「ゼットフォー」と読みます)のご利用に関して定めるものです。  

 Z4とは、Z4に登録した会員が管理する建物、施設等への利用申込みをインターネット上で受け付けることができるシステムです。

 

 Z4への会員登録およびご利用にあたっては本規約の内容を十分にご理解いただいた上で、本規約をご承認いただくことが必要です。なお、Z4に会員登録しご利用いただいている場合は、個別規定を含む本規約および個人情報保護方針の全ての項目についてご承認いただいたものとみなします。

第1条(定義)

本規約において、以下各号の用語は、それぞれ次の意味で使用するものとします。
  • 会員
    本規約に同意の上、Z4に会員登録をした建物、施設等を貸し出す者をいいます。なお、登録に際しては企業、団体、個人の別を問いません。
  • 提供サービス
    会員がZ4を利用して利用者募集を行う各種サービスや催し物をいいます。
  • サービス利用者
    提供サービスの利用申込者および利用者をいいます。
  • 収納代金
    提供サービスの利用料金で、その他手数料等を含みます。
  • 手数料
    原則としてサービス利用者が当社に支払う、収納代金の決済手続きおよびこれに付随する事務処理等にかかる手数料をいいます。なお、本手数料を会員負担とすることも可能です。

第2条(会員登録)

  1. Z4の利用を希望する企業、団体または個人(以下、「会員希望者」という)は、本規約に同意の上、当社所定の手続きに従って会員登録の申し込みを行うものとします。なお、会員希望者の代表者は20歳以上でなくてはならないものとします。
  2. 前項の申し込みに対し、当社がこれを承認したときにZ4の利用契約が成立し、会員登録が完了するものとします。なお、次の各号のいずれかに該当する場合は、当社は当該申し込みを承認しません。
    • 申し込みの内容に虚偽があったことが判明した場合
    • 会員希望者が過去に本規約に違反し、利用契約を解除されている場合
    • 会員希望者が法令その他条例に違反している、または違反する虞がある場合
    • 会員希望者が各都道府県の定める暴力団排除条例の反社会的勢力に該当する、またはそれに関係する場合
    • その他、当社が不適当と判断した場合
  3. 会員は、会員登録内容に変更が生じたときは、遅滞なく当社所定の手続きにしたがって変更手続きを行なうものとします。
  4. 会員は、前項の手続きを怠ったことにより、当社からの通知、送付書類、収納代金、その他のものが延着または到着しなかった場合は、通常到達すべきときに到達したものとみなすことに異議ないものとします。また、当社は、これにより会員に生じた損害については、一切の責任を負わないものとします。

第3条(ID・パスワードの管理)

  1. 会員は、会員IDおよびパスワードについて責任をもって管理するものとし、いかなる場合も第三者への譲渡、貸与等は行うことができません。
  2. 当社は、入力された会員IDおよびパスワードをもって、会員本人によるご利用とみなします。会員IDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等により会員に損害が生じた場合も、当社は一切その責任を負いません。
  3. 第三者に不正に利用された場合またはそれらの虞がある場合は、直ちに当社に通知するものとし、当社からの指示がある場合はこれに従うものとします。

第4条(Z4)

 当社は、個別規定を含む本規約に基づき、会員の提供サービスに対するサービス利用者からの利用申込みの受け付け業務および提供サービスが有料の場合は当該料金の収納代行業務を行います。なお、会員の提供サービスと当社とは何らの関係があるものではなく、提供サービスの内容等に関する問い合わせ等は会員が対応するものとします。

第5条(会員の義務)

  1. 会員は、サービス利用者に対し提供サービスを履行する義務を負うものとします。
  2. 会員は、提供サービスが有料の場合は、当社に対し別途定める手数料をサービス利用者から徴収するか、会員が負担して支払うものとします。
  3. サービス利用者からの提供サービスの内容および提供サービスの料金に関する問い合わせ等については全て会員が対応し、当社は一切これに関与しないものとします。ただし、提供サービスへの利用申込み方法など、Z4の利用に関する問い合わせについてはこの限りではないものとします。
  4. 会員が提供サービスの中止、延期、内容変更等を行う場合は、会員の責任においてこれを解決し、当社は一切の責任を負わないものとします。
  5. 前項により、サービス利用者に対し払い戻しを行う場合は、会員の責任においてこれを行うものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。なお、当社からサービス利用者に対しては、手数料も含めて収納代金の返金は行わないものとします。

第6条(利用環境)

 会員は、Z4を利用するために必要な通信機器、設備、ソフトウェアおよび通信手段等を、自己の責任と費用において用意するものとします。

第7条(禁止事項)

  1. 会員は、Z4の利用にあたって、次の各号のいずれかに該当する行為を行ってはならないものとします。
    • 法令その他条例に抵触する、またはその虞のある行為
    • 当社又は第三者の著作権、商標権その他の知的財産権を侵害する行為
    • 当社又は第三者のプライバシー権、肖像権、財産権、名誉その他の権利を侵害する行為
    • 公序良俗に反する行為、もしくはその虞のある行為
    • 各都道府県が定める暴力団排除条例の反社会的勢力に該当する、またはそれに関係する虞のある行為
    • 当社又は第三者に対し、有害なコンピュータウイルス、メール等を送信または書き込む行為
    • Z4の円滑な運営を妨げる行為
    • 提供サービスに必要な資格等を保有しないまま提供サービスを実施する行為
    • その他、当社が不適切であると判断する行為
  2. 会員は、利用契約上の地位を第三者に譲渡できないものとし、また、当社に対する債権を第三者に譲渡、質入れ、その他担保として提供することはできないものとします。

第8条(精算)

  1. 当社は、収納代金から第5条2項に定める手数料を差し引いた残金を、以下の方法により会員に引き渡すものとします。
    • 当社は、会員がZ4を利用して利用申込みを受け付けた有料の提供サービスについて毎月末日で締切り、当該月の受付件数、金額、当社手数料、送金額、振込日および振込先等の情報を記載した明細書(以下、「明細書」という)を締切日の翌月5日までに会員に通知します。
    • 会員が、前号による明細書を受領した日から2日以内に、当社に対し異議の申立てを行わない場合は、当社は通知した明細書の内容にて会員が承認したものとみなします。
    • 当社は、前号により確定した内容に基づき、締切日の翌月10日に、会員に対し収納代金から当社手数料を相殺した残金を会員が指定する口座に振込み支払うものとします。なお、前号による異議申し立てがあった場合は、別途協議の上、振込日を確定するものとします。
    • 支払日が金融機関の休業日に該当する場合は、その翌営業日に引渡すものとします。なお、引渡しにかかる金融機関の振込み手数料は会員の負担とします

第9条(個人情報)

    • 当社は、第2条により登録された会員の個人情報、利用契約に関連して知り得たサービス利用者の個人情報について、利用契約の履行のために利用します。尚、会員は利用契約に関連して知り得たサービス利用者の個人情報について、利用契約履行以外での目的のために利用することはできないものとします。
    • 法令に基づく場合を除いて、会員の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。
    • 当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
    • 当個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加または削除、利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます。)を受け付けております。開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
    • 開示等の求めは、以下の「個人情報苦情及び相談窓口」で受け付けます。
    • 当ホームページではご利用状況の統計調査のためクッキー等を用いておりますが、これによる個人情報の取得、利用は行っておりません。
    • 個人情報保護管理者:取締役社長
    • 個人情報苦情及び相談窓口:苦情・相談担当(gic-info@gic-tokyo.co.jp)

第10条(Z4の中断)

  1. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、当社の判断によりZ4の全部または一部を中断または中止することができるものとします。
    • Z4を維持するために当社のシステムやネットワークの保守を定期的にもしくは緊急に行う場合
    • 天災地変等の不可抗力によりZ4を提供することが困難となった場合
    • 第三者からのクレーム等によりZ4を提供することが困難となった場合
    • その他、やむを得ない事由が生じた場合
  2. 当社は、前項に基づくZ4の提供の遅延、中断または中止により生じた会員およびサービス利用者その他第三者の損害について一切の責任を負いません。

第11条(免責事項)

  1. 当社は、Z4で提供される全ての情報において安全性、信頼性、正確性、完全性、有用性、真実性、適法性等について、明示的、黙示的にも保証しておらず、当社は一切の責任を負いません。
  2. 会員とサービス利用者の債権債務に関する一切の事項、ならびにそれらに基づく会員とサービス利用者の紛議については会員がその全責任において処理し、当社は一切の責任を負わないものとします。
  3. 会員の過失によりサービス利用者、その他第三者に損害が生じた場合には、会員がその全責任において処理し、当社は一切の責任を負わないものとします。
  4. 当社は、提供サービスの内容およびサービス利用者等の情報を提供サービスが登録された日から5年間、または会員が退会した日まで保管するものとし、以後の保存義務を負わないものとする。また、当該情報について、会員が何らかの形で記憶保存したデータについても何ら責任を負わないものとする。

第12条(退会)

会員が退会を希望する場合は、当社所定の手続きにしたがって行うものとします。

第13条(利用停止)

  1. 当社は、会員が次の各号のいずれかに該当する場合は、会員へ何らの通知、催告を要せず直ちに当該会員との利用契約を解除できるものとします。なお、これによって生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。
    • 本規約の条項いずれかに違反し、相当の期間を定めて改善の催告を行ったにもかかわらず是正しなかった場合
    • 利用契約の成立後に第7条に定める禁止事項および第2条2項に該当する行為が判明したとき
    • 監督官庁から営業の取消、停止等の処分を受けた場合
    • 差押、仮差押、仮処分、競売、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始もしくは特別清算開始の申立てがなされたとき、または精算に入った場合
    • 手形または小切手が不渡りとなった場合
    • 解散、合併または営業の全部もしくは重要な一部の譲渡により本規約の履行が困難であると当社が判断した場合
    • 本規約に基づく金銭債務の履行を遅延し、または履行を拒否した場合
    • その他、当社が会員として不適当であると判断した場合
  2. 前項の場合、会員は当社に生じた損害を賠償するものとします。また、当社は第8条に定める収納代金相当の引渡しを留保することができるものとします。

第14条(損害賠償)

 会員は、利用契約または利用契約に基づく取引に関連して当社および第三者に損害を与えた場合は、当該損害を賠償する責任を負うものとします。

第15条(規約の変更)

 当社は本規約を随時変更することができるものとします。この場合、変更された内容は当社がこれをZ3のホームページ上で公表した時点、または書面その他の媒体により通知した時点から効力を生ずるものとします。
尚、第9条(個人情報)についての規約を変更する場合は、予め会員に変更内容を通知し、同意を得るものとします。

第16条(協議事項)

 本規約の定める事項の解釈について疑義が生じたときは、会員と当社の間で協議の上、解決するものとします。

第17条(準拠法)

 本規約は日本法が適用され、日本法に準拠して解釈されるものとします。

第18条(管轄裁判所)

 会員と当社間で本規約に関して紛争が生じたときは、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上


(平成28年6月1日 初版)

このページのトップへ